テルマエ・ロマエ

MENU

古代ローマの浴槽技師ルシウスは、新しい風呂作りに行き詰っていました。

 

 

そんな時、風呂で考え過ぎて溺れてしまい、慌てて「ぷはっ!」っと湯から上がると、そこはなんと現代日本の銭湯だったのです。

 

 

あまりに奇抜なこの設定に、面白過ぎて次へ次へとページをめくりました。

 

 

ルシウスは言葉の通じない現代日本人を最初「どこかの奴隷」だと思いますが、風呂桶の造りや湯上りのフルーツ牛乳など、高度な文明に驚き、また自分の国の風呂の文化の低さに愕然とします。

 

 

そんなルシウスが現代日本で学んだ風呂の知識を古代ローマに持ち返り……という設定なのですが、ルシウスの真面目過ぎる性格と、日本の文化を知った時のショックの表情などが、たまらなくツボに入り笑いが止まりません。

 

 

一冊読むだけで笑い過ぎてお腹が痛くなりました。